ホームページと言うのはWEBのことになります

WEBについてのこと

WEBというのは、世界中に広がっている網の目の情報網であるといえます。確実にそのインフラが安全であるのか、というのはまた別問題になります。実は元々WEBの設計思想が外部からの悪意のある攻撃に対して頑強とはいえないからです。ですから、セキュリティに関してはかなりしっかりと理解しておいた方が良いです。一つの方法としてウイルス対策、スパイウェア対策ソフトを導入する、というのがあります。それこそが重要なポイントであり、これからのWEBの趨勢にも繋がることになります。

技術として理解しておくこと

WEB、つまりはインターネットは安全に誰でも使えるようなものである、という認知こそが重要です。WEBは怪しい世界というイメージが少なからずあります。しかし、それは基本的には間違った認識です。一部ではそうした場合もありますが、原則的にはビジネス、娯楽、情報電鉄のメディアとして非常に高い有効性があります。ですから、WEBを悪しき物と断じることはよくないですし、また、世界的な風潮に逆らっているといえます。それをよくよく理解して、上手く活用することです。企業にとっては、非常に有益であり、今ではWEBサービスを含めた戦略をしているほどです。

自由の中にも監視がある

実はWEBは自由である、というイメージがありますが、そんなことはないです。ほぼ監視されていると言っても過言ではないです。但し、個人に対してそんなことをしても仕方ないですし、ネットワークとして記録が残るだけであり、遡って探すことは難しくなります。よく、インターネットで様々なところを経由しているので追跡が不可能、ということがありますが、これは国境を越えてやっているから、捜査権がなくなるからわからなくなるのであって、権限さえあれば実はどんなところからアクセスしたのか、というのが個人のパソコンまではっきりとわかります。

ホームページ作成の魅力をきちんと把握するにあたり、フリーソフトや画像、動画などを上手く使いこなすことが良いでしょう。