ビットコインとして求められていることについて

決済手段として使えるかどうか

ビットコインの今後は、決済手段として如何に使えるようになるのか、というのが求められて行くことでしょう。仮想通貨であろうとなんであろうとそれを決済の方法として受け取ってくれるところがあってこそ、意味が出てくるわけです。換金といってもよいでしょう。そうしたところがどんどん増えることによってビットコインはますます普及していくことになります。逆を言えばそれが増えないとなかなか世界中には普及しないような物でもあるのです。

投機的な側面を如何に抑えるのか

投機的な側面をビットコインは持っています。そもそも最も有名になったのはそれが理由であるからです。僅かなビットコインで莫大な資産を得たことがいたのでそれがセンセーショナルに報道されたのです。これによってかなり有名になったわけですが、それでも決済通貨として使うためには基本的にはそうした不安定な側面は排するべきです。それが普及させる為に重要なことであり、出来るだけ安定的な価値があるような仮想通貨になるべきでしょう。

ビットコインは期待できるのか

ビットコインは期待できるのかどうか、といいますとかなり微妙なところではあります。何しろ、どこの国も保証してくれているわけではないので価値がまったくなくなる要素は意外とあるのです。そこがかなり怖いところではあるのですが、それでも十分に購入しておく価値はあります。投機的なことも普及する為にはあまりあってはいけないのですが期待はできますし、これから決済手段として使えるところが増える可能性はとても高いのです。

円やドルなどのどのような通貨もカントリーリスクと無縁ではいられませんが、ビットコインは例外です。世界中に張り巡らされたP2Pネットワーク上に存在する仮想通貨だからです。